給湯器が壊れたら!知っておきたい基礎知識!

3月12日 - by admin

給湯器の寿命は何年?

給湯器のの寿命っていったいどれくらいなんだろうと、疑問を抱く人もいますよね。家庭で使う給湯器の耐久年数は大体10年~15年程度と言われているんですよ。メーカー保証書にも耐久年数は10年と書かれている場合が多いです。壊れる原因としては部品の消耗や基盤故障などがあるんですよ。また給湯器はあまりメンテナンスをすることがないので、10年程度で壊れてしまうことも多いんです。その為耐久年数を大幅に超えて使用した場合、たまに黒い煙が出ることがあるのでその点は注意が必要です。

修理or買い替え?どちらがいいの?

給湯器から変な音がする、お湯が出ないなど長く使っていると様々なトラブルが起こる場合がありますよね。でもそんな時は修理した方が良いのかそれとも買い替えた方が良いのかどっちがお得なんだろうと、考えてしまう人もいるのではないでしょうか。目安としては使用年数が10年以上かどうかです。10年以上なら買い替えした方が良いですし、未満なら修理の方がいいです。また見積もりを取ってもらい、実際修理をした方が安いのか、買い替えた方が良いのかどうか見比べるのもいいですよね。

業者選びはどんなことに気をつけた方が良い?

給湯器が故障した場合、業者を依頼して修理または買い替えを行うことが多いのですが、きちんとした業者を選ばないと後々トラブルに発展してしまう場合もあるんですよ。ではどんなことに注意をして選べばいいのかというと、まずはアフターサービスがあるかどうかです。無料点検を行っていたり、万が一故障が起きたときに無料で修理してくれる期間が設けられているかどうかなどを確認してくださいね。また金額が不透明な会社もあまりお勧めしません。きっちり見積もりを出してくれる会社を選ぶようにしてくださいね。

給湯器の相模原は安い価格で高品質な施工を行ってくれるので、安心して取り付けも任せることが可能になっています。