結婚式を、リスクをできるだけ抑えて成功させる方法!

1月20日 - by admin

結婚式にかかるお金について

結婚式にかかるお金は、難しいことは無く概ね決まっています。ウェディングドレス・カラードレス・写真撮影代・演出によってコストは異なりますが、挙式費用・料理・テーブルに置く装花・引き出物といった感じですね。他にも、有名人に来てほしいのであれば、その営業にかかるコストが発生します。しかし、あまり結婚式にお金をかけたくないのであれば、上記コストのうち、要らないものを削ればよいです。300万円くらいがかかるといわれていますが、花の数を少なくするなど、工夫をすることによって、結婚式を挙げることは十分できるんですよ。

式場のスタッフとしっかり打ち合わせする

式場担当者とコミュニケーションをしっかりととることによって、かなり大幅にコストがかかることがあります。例えば、計画を立てているうちに、予想以上に多くの人数を結婚式に呼ぶことになった、ということも珍しくないんですよね。式場を変更することによって、かなり多くのコストがかかるので、式場利用料についてしっかり把握しておいたほうが良いんですよね。あらかじめ決めておいたゲストの数よりも実際に来る人の数が増えると、1つのテーブルに多くの人が座ることになり窮屈になります。

結婚式の余興で必要なこと

余興は、一般に受け入れられることをするのが良いでしょう。披露宴の後の2次会ならともかく、結婚式においては平均以上のレベルのダンスや歌を披露するというのが良くあるとのことです。カップルにとって思い入れのある曲を歌う、というのは一般的なことです。また、幅広い層に受け入れられている歌手や、芸人を呼ぶというのも、珍しいことではなくなってきています。時間配分を考えて、あまり長くならないような余興をするのが良いとされていますね。

鶴岡八幡宮で結婚式とは、神奈川県鎌倉市の由緒ある神社で式を開くことです。伝統的な施設内でも現代的な装飾を施すことが可能、和食中心の料理は舌と目で楽しむことができ、スタッフのスムーズな対応が評判です。